知り合いがぎっくり腰になったと聞いて、なんでうちに来ないんだろう?って思いました。

私の施術が整体並みの技術であることを知らないんですよね。まあ、大きな声で言ってないし、仕方ないか。

やっぱりただのリラクゼーションだと思ってたんだな、と少しがっかり。

ぎっくり腰の原因は主に筋肉の損傷ですが、私の施術は、固まった筋肉をやわらげることと、痛みを緩和することが得意です。

でも、ぎっくり腰になったときに辛いのは、痛む箇所はもちろんですが、その急激な痛みにより、周囲の筋肉にも緊張が走り、腰全体がより固まり、動きが制限されることです。

急激な痛みの箇所は、原因ではなく結果の部分ですから、他所にあると思われる原因の部分を施術することで体全体をサポートします。痛みの箇所に焦点を当てるのではなく、身体を構造的に考えて施術を行うことで、結果的に痛む部分に負担がかからないようにしていきます。

また、痛みの周辺の筋肉の可動域が下がらないよう、痛む箇所以外の筋肉はちゃんと使えるようにこわばりをゆるめます。

私が得意なことは、なんといってもオキシトシンというホルモン物質が大量に出る施術であるというところです。

オキシトシンは、とにかく痛みを緩和してくれます。

例えばどこか痛みあるとき、背中をゆっくりさすってもらっていると楽になる、というあれです。

周囲にさすってくれる人がいる方はぜひお試しください。

通っている整体がある方は、いつものところで見てもらうのが良いと思います。

ただ、そのサポートとして、痛みの緩和とこわばりをゆるめることは得意なので、何かあったときには覚えておいていただけたらなと思います。

あと、ぎっくり腰になるときの要因は、普段の体のメンテナンスが行き届いていないからです。

ちょっとの刺激で急激に体が痛むほど、もともとその部分に負担がかかっていたということ。

ご自分の体、大切にしてくださいね。

あと、私が以前腰を痛めたときは、フェルデンクライス(清宮先生)で体全体を使えるようにしてもらうことと、エフェクティブタッチのセラピストさん(REIKOさん)に体をゆるめてもらい、後は自分で少しずつ調整しました。

でも、毎日ダーリンに背中をさすってもらうのが一番痛みがやわらいで楽になったんですよね。

痛めてしまった筋肉は一瞬では治らないので、とりあえず治るまでは痛みをカバーして動ける体に調整することと、オキシトシンで痛みをやわらげることが一番だと思っています。

お役に立てることがありましたら、お問い合わせくださいね。